MENU

妊婦の冷えは厳禁|妊婦と胎児を守る冷え対策法

妊娠してから冷え性になったり冷えが酷くなったという
妊婦さんは多いのではないでしょうか。
「手足の先が冷たくてつらい。妊婦は体を冷やしてはいけないというけど・・・。」
「冷え性になってからお腹のハリが目立つけど赤ちゃんに影響がないか心配」
という妊婦さんの心配する声もよく聞きます。
実は妊婦になると冷え性になったり、冷えが酷くなりやすくなる原因があるのです。
そして冷えは母体と赤ちゃんにも悪い影響を与える可能性があります。
妊婦の冷えに対しての解決策、原因をまとめてみたので冷え対策に参考にしてみてください。

 

妊婦が冷えやすい原因を追及

実際、妊婦になってから冷え性になったという方や冷えが酷くなった人はたくさんいます。
なぜ、妊婦の体は冷えやすく、冷え性になりやすいのか原因をまとめてみました。

 

姿勢の悪さから血流の流れが悪くなる事で起こる冷え

赤ちゃんの成長と共に大きくなってくるお腹。
大きくなったお腹を守る姿勢は骨盤や背中に負担をかける事で身体全体の血流が
悪くなっていき、冷えになりやすくなる要因を作ります。

 

妊婦にありがちな運動不足からくる冷え

運動不足は冷えの大敵です。運動不足からくる体の筋肉量が減ることで冷えに繋がります。
妊婦はつわりや大きくなったお腹でなかなか思うように体を動かすのが億劫になり運動不足になりがちです。
しかし筋肉は動かすことで発熱し、血流の機能を維持する働きがあるので
筋肉が減少することで血流の動きが悪くなります。

 

妊娠によるホルモンの分泌量の変化と自律神経の乱れ

妊娠すると女性ホルモンのうちの黄体ホルモンが多く分泌される事で
ホルモンバランスがくずれ、ストレスがたまりやすくなります。
ストレスがたまることで自律神経は乱れ、血管の収縮と拡張の動きが上手く行えず
血のめぐりが悪くなることで冷えの原因となります。

 

冷えの原因は体の血の巡りが悪くなることで起こる血管障害です。
妊婦は血行障害になりやすい要因を作り出しやすい為、妊娠すると
冷え性になったり冷えが酷くなったりします。

 

妊娠した状態での冷えは要注意。胎児と妊婦への影響

妊娠した状態での冷えは要注意です。
胎児と妊婦の体に確実に影響を及ぼします。
冷えの改善と対策をするためにも冷えによる胎児と妊婦への影響を確認しておきましょう。

 

妊婦への影響
妊娠しているしていないに関わらず、冷えの症状として血行不良から首や肩の凝り、腰痛を抱えやすくなります。
妊婦はお腹に赤ちゃんを抱えている状態なので首や肩の凝り、腰痛が酷くなりやすい傾向があります。
また、冷えによる子宮の収縮が起こりやすくお腹の張りを感じます。
頻繁にお腹の張りを感じる事は流産や早産の可能性もあります。

 

胎児への影響
母親のヘソの緒で繋がっている赤ちゃんは母親の血液から栄養をもらって成長します。
しかし、母親の体が冷えで血行不良が起きている状態だと酸素や栄養が十分にいきわたらず、
赤ちゃんの成長の妨げになります。
また、母親の体が冷たいとお腹の中にいる赤ちゃんは暖かいところを求めて子宮内を動き回ります。
子宮内を動き回った結果、逆子になる原因にもなります。

 

冷えは母親にとっても胎児にとっても様々な問題を引き起こします。
冷えからくる妊婦のトラブルは重大なことにもつながってくるので体に異変を感じたら
かかりつけの産婦人科医に行くようにしてください。

 

妊婦の冷え対策|赤ちゃんを安心して迎えるために

妊婦でも行える簡単な安全な冷え対策はあります。
体の冷えの対策をして安心してお産を迎える準備をしましょう。

 

暖かい服装を心がける

冷えの対策するためにまずは服装を見直すことから始めてください。
冷えは足元からくるのでレッグウォーマーや靴下の重ね履きなど
できることから冷えの対策をしてください。
また妊婦用のタイツや下着などは保温効果の高い素材が使われているので
冷え対策としておすすめです。

 

軽い運動をする

自分の動ける範囲で構いません。妊娠中でもなるべく運動を行うようにしてください。
運動によって筋肉量を増やすことで筋肉の動きが
血流がよくなり体の冷えの解消につながっていきます。
ウォーキングなど妊婦でもできる軽い運動や
普段の家事の中で筋トレをしながら行うのも冷え対策として効果的です。
また、体を動かすことはストレスの発散にもなるので自律神経の乱れからくる
血流の悪さをよくしてくれる効果もあります。

 

入浴はシャワーだけでなく湯舟につかる

シャワーだけでは体を温めることはできません。
湯舟にしっかりつかって体を芯から温めてあげてください。
お湯につかることで全身の血流が温まり、汗をかくことで新陳代謝も良くなります。
また、湯舟から出た後はストレッチをして無理のない範囲で身体をほぐしてあげてください。
血流の流れがよくなっている状態なので冷えからくる足のむくみの解消にも効果があります。

 

体が冷えにくい食べ物やをとるようにする

普段の食生活の中で体が冷えにくい食材を摂るようにすると冷え対策になります。
体が冷えにくい食材として火の通したものでゴボウやレンコンなど根菜類があります。
体が冷えにくくなるだけでなく根菜類の野菜には食物繊維やビタミンが豊富に含まれているので
妊婦に起こりがちな便通の改善にもつながります。
また、身体を温める飲み物として妊婦でも飲めるノンカフェインの生姜湯も冷え対策としておすすめです。

 

紹介した冷え対策は普段の生活から見直せる対策法ですが
「冷え対策をしなきゃ!」と焦ることで逆にストレスをためてしまい、冷えを悪化させる可能性もあります。
自分のできる範囲で行うようにしましょう。

 

まとめ
妊婦にとって冷えは自分の身体と赤ちゃんにとっても厳禁です。
冷えが悪化すると流産や早産の原因にもなりかねません。
冷えぐらいたいしたことないと放置しておくと母親と赤ちゃんの命に
関わってくることもあるので妊婦の冷え対策は早急に行うようにしましょう。