MENU

妊婦の水分補給はお腹の赤ちゃんにも関係性大

妊娠中の期間は妊娠していない状態よりも水分不足になりやすく
水分補給の注意が必要です。

 

また、妊娠が分かってから
「妊娠してから喉がやたら渇く・・・。」
「妊婦が水分不足になりやすいって聞くけど、量や種類はどうしたらいいの?」
と悩む妊婦さんは多いのではないのでしょうか?

 

妊娠中の期間の水分摂取について重要性と水分量や頻度、おすすめの飲み物の紹介します。

 

妊婦の水分摂取が不可欠な理由と重要性

妊婦にとって水分補給はお腹にいる赤ちゃんと母体にとっても必要不可欠な役割を果たします。
そして妊娠している場合は普段の生活より水分の摂取量を多くしなければなりません。
妊婦がのどが渇きやすくなる理由と水分不足になりやすいメカニズムも合わせて紹介するので
ひとつひとつ確認していきましょう

 

・羊水をつくるために水分が必要なため
羊水の確保のため体の中の水分が子宮に行くことから喉が渇きやすくなります。
お腹の赤ちゃんの成長には羊水が必要不可欠であり、外部からの衝撃を守ってくれる役割があります。
水分補給を疎かにすると赤ちゃんを守る羊水が減ってしまい、
切迫早産の原因になってくることから妊娠中の水分補給は注意が必要です。

 

・脱水症状になることを防ぐため
妊婦の体は赤ちゃんの成長のために脂肪を溜め込み、熱の分散を避けるために基礎体温を上がることで
汗をかきやすくなる傾向があります。
汗をかくことで新陳代謝がよくなるメリットはありますが、脱水症状を起こしやすい状況下にあります。
また、妊娠初期の期間にはつわりも重なることで摂取した水分も体の外に排出されてしまう事から
水分の補給は母体の体調管理をする意味でも重要な意味合いを持ちます。

 

・血液の循環をよくするため
血液を通して赤ちゃんに栄養を送るために血液量は増えるのですが、流れがわるいドロドロの血液だと
赤ちゃんに栄養がいきわたりにくくなります。
妊娠時の血液量は摂取した水分で最大で1.5倍ほどに増大できるので、
赤ちゃんの成長を促すためにも水分摂取は欠かさずにおこなわなければなりません。

 

妊娠すると妊娠していない時より水分の摂取をより気をつけなければいけません。
赤ちゃんの成長にも関わってきますが、母体にも切迫早産や脱水症状の命の危険性に
関わってくることがあるので「妊娠時における水分補給」の重要度の高さがわかります。

 

妊娠時の摂取すべき水分量とタイミング

水分量と頻度については「約2〜2.5Lの水分量を1日かけてこまめに水分補給」することを心がけてください。
起床後、食事の前後、入浴の前後、睡眠前など一日の流れのサイクルの中で節目ごとに100〜200mlずつ飲むようにしましょう
こまめに水分補給を心がけるごとで喉の渇きをなくし羊水の生成や汗で失われた体の中の水分を常に満タンにしてください。

 

やみくもに大量に水分を摂取すればいいというわけではありません。
喉が渇いたからといって一気に飲むと胃や腸、腎臓に負担がかかってしまい、ダメージを与えてしまいます。
体のむくみの原因にもなるので一気に水分を補給することは控えてください。

 

妊婦が安心して飲める妊娠時おすすめ飲み物

妊娠時の水分補給において安心飲めるおすすめな飲み物を紹介します。
水分の中でも妊婦にとって必要な栄養が備わっていたり、つわりの影響で現れる体調不良にも効果的な飲み物もあるので
妊娠時の水分補給の参考にしてみてください。

 

・麦茶
麦茶はノンカフェインの飲料でもあることから妊婦にとっておあつらえ向きの飲み物です。
つわりで満足に食事ができずに摂取した栄養分を失いがちになってしまうこともありますが
麦茶には食物繊維やミネラルの成分が含まれているのでおすすめの飲み物の一つです。

 

・ルイボスティー
健康や美容志向のイメージがあるルイボスティーはビタミンやミネラルを豊富に含んでいて
体の抗酸化作用を促してくれます。
体の抗酸化作用が進むことで細胞の新陳代謝効果が高まることで免疫力が上がり
風邪などの体調不良に強い体を作ってくれます。

 

・ゆず茶など柑橘系のお茶
ビタミンCやクエン酸、葉酸など血流促進や疲労回復に効果がある柑橘系のお茶です。
妊婦は大きくなったお腹を常にかかえていることで疲れが出やすい体になっています。
また、柑橘系の酸っぱさは口の中にすっきりさを生むことでつわりの解消にも効果的です。
ただ柑橘系のゆずには糖分が含まれているので飲み過ぎの体重増加には注意が必要です。

 

・たんぽぽ茶
たんぽぽの成分には血流促進によるからだのむくみ解消効果と母乳の分泌を促してくれる鉄分が含まれています。
たんぽぽ茶はたんぽぽの葉を炒ったお茶ですがたんぽぽの根を原料としたたんぽぽコーヒーがあり
妊娠中でコーヒーが飲みたくても飲めない方にはたんぽぽコーヒーもおすすめです。

 

妊婦の水分補給にとっておすすめの飲み物をいくつか紹介しましたが、
常温か温めて飲むようにしてください。
冷たい飲み物だと喉がうるおされたような気分にもなりますが
体を冷やすことは妊婦にとって大敵です。
足がむくみやすくなったり、お腹が張りやすくなることがあるので
冷たい飲み物は控えるようにしましょう。

 

妊婦にとって水分補給時に摂取してはいけないNG飲み物

「妊娠時における水分補給においてカフェインを含むものは摂取してはいけない」
という風なイメージはありませんか?
コーヒーや緑茶にも含まれるカフェインは眠気を冷ましてくれる効果もありますが
鉄分の吸収を妨げたり多量に摂取すると血液から胎盤に流れたカフェイン成分は
お腹の赤ちゃんの死産の可能性を高めてしまいます。
また、一部のハーブティーにも妊娠時には控えた方がいいものがあります。
ハーブティーは原料の香りでリラックス効果を生むこともできます。
しかしはと麦、カモミール、ジャスミンなどのハーブティーには子宮の筋収縮作用があり切迫早産などの
原因にもなります。
「体によさそう」という安易な考えで飲み物を選ばないようにしましょう。

 

総括
妊娠時の水分補給はお腹の赤ちゃんにも影響してくる大事なメソッドです。
水分不足にもなりやすい状況下でもあることから非常に重要な行為となってきます。
こまめに水分補給するのはなかなか時間的にも難しい事かもしれませんが
赤ちゃんの成長早産や流産といったリスクを回避するためにも意識して
水分補給を欠かさないようにしましょう。