妊娠初期 便秘

MENU

妊娠初期の便秘に安全に解消できる方法を伝授

「妊娠してすこしたってからずっと便秘・・・。」
「以前から便秘気味だったけど妊娠がわかってから赤ちゃんに影響がないか心配」
妊娠初期の便秘に様々な悩みを抱えているママさん達はおおいのではないでしょうか。

実は妊娠初期には便秘になる人が多くみられます。
便秘になるとトイレでの長期戦は避けられず、普段の生活でもお腹がはって苦しい思いをしてしまいます。
また、妊娠初期ともなれば赤ちゃんに対して自分の体の変化に不安になってしまいますよね。
妊娠初期の便秘について、赤ちゃんや自分自身への影響、原因と解消法を調べてみました。

妊娠初期に便秘になりやすい原因

そもそもなぜ、妊娠初期になると便秘になりやすいのか疑問ではありませんか?
妊娠初期の便秘は便が排便時に下に押し出さられる力と腸の蠕動運動が低下することで起こる
弛緩性便秘です。
妊娠初期に便秘になりやすい原因は大きくわけると4つの要因が関係しています。
便秘になる原因と根拠をまとめたのでチェックしてみてください。

  1. つわりが関係する食事の量や内容
  2. 妊娠と共にきってもきれない関係としてつわりがあります。
    つわりによって食欲がなくなって食べる量が減少したり、食べれてもすぐに吐いてしまう事があります。
    食べる量が少ない事で便自体の量や水分が減るので円滑だった便の出も悪くなります。
    また、つわりにより食べられるものが限られることで食事の栄養バランスが偏ることでも便秘になる可能性があります。

  3. 運動不足になりがち
  4. つわりによる体のだるさもありますが、妊娠初期は妊婦の体をまもろうとする命令が脳から出され眠気が日常的におこります。
    眠気が増える事で体を動かすことに気が滅入ってしまい、慢性的な運動不足になってしまします。
    運動量が減ることで筋肉の減少で排便時のいきむ力が弱くなり便を排出する力が弱くなります。
    また運動不足からくる血行不良で体の冷えで腸の動きが鈍くなることでも便秘になってしまう可能性があります。

  5. 女性ホルモンの分泌量の変遷
  6. 妊娠初期には女性ホルモンのうちのひとつでもある卵巣で作られる黄体ホルモンの分泌量が増えます。
    黄体ホルモンは別名プロテスゲンともいわれ、子宮内の環境を整え妊娠状態を良好に保つ役割をもっています。
    しかし、黄体ホルモンは水分を保つ性質をもっていて、摂取した食べ物の水分を大腸から吸収していまします。
    水分量が減ることで便が固くなることで便秘になる要因を作ってしまいます。
    また、黄体ホルモンには筋収縮を抑える働きもあり、子宮が小さくなるのを防ぐ役割も持っています。
    筋収縮からくる胃や腸の動きを弱めてしまうことで便を送り出す力を弱めて重ねて便秘になる原因を作り出します。

  7. 日々の生活ストレスの増大
  8. 黄体ホルモンの増大によるホルモンバランスの崩れも伴い、妊娠初期の体調の変化に心が追い付かないことがあります。
    妊娠による体を動かせないことや仕事や家事が思うようにできず、焦りや不安を感じてしまうことでストレスはさらにふりかります。
    ストレスがかかることで自律神経のうちの交感神経が過敏にはたらき、副交感神経を抑制させてしまい自律神経のバランスが崩れます。
    副交感神経には胃や腸の蠕動運動を促す役割をもっているため、副交感神経が抑制されることで便秘になりやすくなります。

妊娠初期の便秘になる原因はストレスの増加やつわりによる食生活の変化など理由は多くあります。
いままで快便だった人も妊娠をきっかけに便秘なったり、
妊娠以前から便秘だった人がさらに重い便秘になったということもあります。

妊娠初期の便秘が及ぼす赤ちゃんと体への影響

便秘自体がすぐににお腹にいる赤ちゃんに影響を及ぼしたり自分の身体が病気になったりすることはありません。
しかし、単なる便秘だからと軽はずみに症状を放置しておくと悪影響を及ぼすことがあります。

赤ちゃんへの影響
便秘になるとなかなか便通がはかどらず、強くいきむことがあります。
いきんだり、踏ん張ったりすると流産の不安がうかんできますが、心配はありません。
妊娠初期の流産は染色体や受精卵の遺伝子の異常が原因でおこることが多く挙げられます。
便秘自体が流産につながることはありませんが、長期的にみると便秘が赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。
便秘とは便意をもよおしている状態にもかかわらず、便が硬くなかなか排便につながらず
腹痛やお腹のハリを感じている状態にあります。
便自体は栄養を摂取したあとの体の外にだす物質として必要のないゴミです。
ゴミがいつまでも体に残っている状態では腸内環境を汚すことで悪玉菌が増大していきます。
悪玉菌は子宮内に入ることはありませんが出産時に赤ちゃんが産道を通して取り込んでしまい、赤ちゃん自身の便の状態や出が悪くなってしまうことがあります。

母体への影響
便秘により便が腸内に残っている状態が続くと、
肛門まわりの血管が腸の重さで圧迫され、こぶ状になることでイボ痔になることがあります。
また妊娠初期の期間で10週を過ぎると子宮も少しずつ大きくなってきます。
成長した子宮は血管を圧迫することで合わせてイボ痔になる可能性を高めるのです。
イボ痔になると痛みはありませんが排便時に出血することがあります。
また、なかなか排出されない固い便をいきむことで肛門周辺の粘膜が裂けて
切れ痔になることも考えられます。
切れ痔はイボ痔とは違い、粘膜が裂けている状態なので出血が多く、激しい痛みを伴います。

便秘になると排便時の腹痛やいきみ、痔による出血などで流産の可能性を考えて不安になってしまいます。
切迫流産の痛みと便秘時における腹痛は痛みの度合いや感覚が似ていることもあるので、早急な便秘解消が必要不可欠です。

妊娠初期の便秘と解消法と予防対策

妊娠初期の便秘になる原因と影響を把握したうえで解消法と予防対策を自分の中に取り入れておきましょう。
今現在、妊娠初期の便秘の症状がある人や妊娠が発覚して間もない人のために、
妊娠状態でも安全に便秘状態を解消できる方法を紹介します。

腸内環境をよくする
妊娠初期の便秘は腸内の悪玉菌が多くなって環境が悪くなることも原因のひとつです。
つわりで食べられる量が限られることもありますが食べられる量で栄養バランスを考えた食事を摂るようにしてください。
栄養バランスの中でも食物繊維を多く含んだ食材を積極的に摂取することで便秘の解消に近づけます。
またオリゴ糖を摂取することで腸内の善玉菌のパワーアップさせていきましょう。

食物繊維
食物繊維と聞くと便秘の解消、予防に効果的なイメージがありますが無作為に食物繊維の食材を摂取すればいいわけではありません。
実は食物繊維は「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類に大きく分けることができます。

・不溶性食物繊維
水分を吸収して腸で膨張する特性をもっています。膨張することで便の量を増やす役割があります。
便の量が増える事で腸内の壁を刺激することで蠕動運動を促すことで便秘を解消させる効果があります。
不溶性食物繊維には大根やごぼう、れんこんなどの根菜やえのきやシイタケといった菌類があげられます。

・水溶性食物繊維
不溶性食物繊維とは逆に水に溶ける事で便自体の柔らかさを生む食物繊維です。
水と一緒に溶けると同時に腸内にある不要物である悪玉菌を便に吸着させて、
体外に排出することで便秘を解消して腸内環境を整える役割を持っています。
水溶性食物性はわかめやひじきなどの海藻類、おくらやアボカドの野菜があげられます。

便秘を解消するにはどちらか一方の食物繊維を食べ続ければいいわけではありません。
2つの働きがあることで初めて腸内環境が改善され便秘は解消されていきます。
最良の割合としは不溶性:水溶性=2:1の割合を心掛けて食物繊維の食べ物を摂取するようにしましょう。

腸内の環境をよくする善玉菌
乳酸菌やビフィズス菌は食事から取り入れた糖類を分解することで腸内環境を整える善玉菌です。
腸内にはさまざま細菌がすみついていて善玉菌と悪玉菌が混在しています。
悪玉菌が増える事で便秘になりやすい原因をつくってしまいますが逆に善玉菌を増やすことで腸内環境を整える事で
大腸の動きを活発にさせる事で便秘を解消させるメソッドを作ってくれます。
乳酸菌やビフィズス菌を多く含んだヨーグルトやチーズ、キムチなどの発酵食品の摂取を心がけると便秘解消の手助けとなります。
また食物繊維は善玉菌の餌としての特質があり腸内で乳酸菌、ビフィズス菌を増やしてくれる働きももっています。
食物繊維と善玉菌が多い食材を同時に食事に取り入れる事でより一層、便秘解消へと近づけることができます。

オリゴ糖
オリゴ糖自体は名前の通り、糖分の一種です。
オリゴ糖は多くのものが天然成分でつくられていることから妊娠している人でも
摂取することができます。
まら、オリゴ糖は食物繊維や乳酸菌の働きを強くしてくれます。

・オリゴ糖が食物繊維や乳酸菌の働きをパワーアップしてくれるわけ
簡単に言えばオリゴ糖は善玉菌のご飯です。
善玉菌がオリゴ糖を食べる事で腸内の善玉菌が増殖して、腸内環境を良くすることができます。
また、オリゴ糖は小腸で消化されくく、善玉菌のいる大腸まで直接届く性質を持っている事から便秘解消にもってこいの成分です。

こまめな水分補給をかかさないようにする
便秘時における便はカチコチになっていることからスムーズに排便することがむずかしくなってしまいます。
1日に1リットルを目安としてこまめな水分補給を心がけましょう。
水の種類としては便秘解消に効果的なマグネシウムやミネラルが入った硬水を飲むとよいでしょう。
また朝起きてすぐに水ではなく白湯を飲むのも水分補給としてはおすすめです。
睡眠中に消費された水分を体に補充できると同時に、
暖かい水で眠っていた胃や腸が刺激される事で蠕動運動が起こりやすくなり排便を促してくれる効果があります。

妊娠初期ということを踏まえた上での適度な運動
妊娠初期の便秘には運動不足の要因もあります。
妊娠初期という不安定な時期ではありますが、無理はしない程度に運動することで運動不足で眠っていた
腸の動きを起こすことで便秘を解消できることもあります。
体を動かして筋力を維持することで排便時のいきみの力をキープでき排便をスムーズに行うことができます。
運動という捉え方をしなくても外に出て散歩をするだけでも違います。
妊婦の体のことを考えた運動プログラムとして人気なのがマタニティースイミングやマタニティーヨガなどもあります。
お腹にいる赤ちゃんに負担をかけずに運動を行うことができます

ツボ押しマッサージも妊娠初期の便秘の解消には効果的
妊娠初期ということもあり運動するのは少しためらってしまうのであればツボ押し、柔軟など
自宅で気軽に行えるマッサージも便秘解消には効果的です。
特にツボ押しは便秘解消に即効性があるので試してみる価値が高いといえます。

・左の手のひら側の手首近くにある薬指と小指の間にある神門
・内側の手首から指5本分下げたところにある間使

というツボには便秘の解消に効果的なツボです。
力加減を気を付けながら排便時のトイレ内で行うと楽に排便できる効果があります。

しかし押すタイミングとして、胃や腸に血液があつまる食後1時間以内にツボ押しを行うのは控えてください。
消化不良を起こしてしまう可能性があります。
そしてツボの中には妊娠中の時には押してはいけないツボの箇所があります。
三陰交と呼ばれるくるぶしの指4本分上にあるツボや
太衝と呼ばれる足の甲側の親指と人差し指の間の付け根部分のツボは、
出産予定日を過ぎた妊婦が陣痛を促すために子宮を下げる効果があります。
妊娠初期の妊婦には流産となってしまう可能性を高めてしまいます。
便秘解消を行うためとはいえツボ押しマッサージを行うときはツボの箇所をしっかりと把握しておきましょう。

決まった時間にトイレに行くことを習慣づける
同じ時間にトイレに行くことを毎日続けるようにしてください。
トイレへ行くことへのリズムを体に覚えさせることで、便意がなくても自然にもよおされるようになってきます。
食後など、胃や腸が刺激された後の蠕動運動が起きているときにトイレにいくのがおすすめです。

しかし外出先や仕事先で忙しいときなどトイレを我慢しがちという人もいます。、便意を我慢し続けてしまうと便が腸に溜まっていても
便意を感じにくくなってしまう事があります。
便意を感じたら我慢をせずにすぐにトイレに向かうようにしましょう。

個人の生活サイクルによってトイレへのタイミングは変りますが、
朝起きて夜寝る規則正しい生活を送ることで自律神経を整えることもできます。
自律神経を整えることで妊娠によって感じていたストレスを軽減することもできるので生活リズムを整える事も
考えていきましょう。

妊娠初期の便秘解消に便秘薬と便秘茶の使用について
即効性のある便秘解消できる便秘薬と便秘茶ですが、妊娠初期ということを考えると使用していいか
判断に悩んでしまいますよね。
妊娠初期時における便秘薬と便秘茶の使用について調べました。

・便秘薬
なるべく自然で安全な方法で便秘解消法を試しても便秘の解消には効果が現われないことがあります。
あまりの便秘のひどさに便秘薬を使用するのは
妊娠初期という事を考えた上でも間違ってはいません。
ただし市販の便秘薬ではなく医師に処方してもらったものを使用してください。
全ての便秘薬に当てはまるわけではありませんが市販の便秘薬には成分として
下剤効果を含んだ成分が配合されていることがあります。
下剤をのむことで確かに便秘を解消できるかもしれませんが子宮収縮の作用がおきてしまい
流産の危険性が高まってしまいます。
便秘を便秘薬で解消したいと考えているならば、自己判断はせずかかりつけの産婦人科医に必ず相談してください。

・便秘茶
腸内環境を整え健康効果を高めるアイテムとしても便秘茶は人気です。
しかし、妊娠初期だけでなく妊娠中の期間自体に便秘茶を飲むことは絶対に控えて下さい。
便秘茶に含まれている天然の植物であるセンナやキャンドルブッシュには下剤と同じ成分効果があります。
便秘薬と同様に下剤には子宮収縮の作用がおきてしまうことがあるので
妊娠中には絶対に便秘茶を飲んで便秘を解消しないでください。

ただし、下剤成分が含んでいないノンカフェインのお茶で整腸作用のあるたんぽぽ茶やコーン茶は
妊婦でも飲めるので水分補給がわりに飲んでも安全です。

妊娠初期の便秘を安全に解消するために
妊娠初期という不安定な時期でも行える便秘解消法を紹介しましたが、便秘になる原因は人それぞれ違います。
なにが便秘の解消法として当てはまるかは試してみないと分からないです。
妊娠初期ということも含めて便秘でつらい時はかかりつけの産婦人科に相談するのも便秘解消のひとつの手です。
便秘だけでなくただでさえ妊娠初期の時期は心が不安になりがちな時期です。
自分のできる無理のない範囲でつらい便秘を解消して安心して出産を迎える準備を整えたいですね。